千葉県高等学校教育研究会数学部会
ここは千葉県高等学校教育研究会数学部会のサイトです。
 

ログイン

リンクリスト

1件も登録データがありません

カウンタ

あなたは98016人目です。
千葉県高等学校教育研究会数学部会
のWebサイトへようこそ
 

ご挨拶

千葉県高等学校教育研究会数学部会会長   三木 千恵子

 

平成28年度春季総会におきまして部会長を拝命いたしました三木です。よろしくお願いいたします。

本部会は昭和25年に発足し今年で67年目を迎えます。この間,多くの諸先輩方が県内の高等学校数学教育の振興のため御尽力されてきました。部会の主な活動としましては,6月の春季総会・研究大会,8月の見学研修会,11月の秋季研究大会があります。研究大会は県内の高等学校を会場として行われています。秋季大会は千葉地区,春季はそれ以外の地区での持ち回りで開催されています。学校を会場とする大きな理由としては,公開授業で他校教員の指導実践や生徒の様子を直接見学することができ,貴重な研修の機会となるからです。今後も継続して行きたいと考えています。また,研究発表や講演会も行っていますが,特に講演内容や講師の選定については慎重に役員会で検討をしています。指導法の課題解決や教材開発等日々の指導の参考になるものや,国の動向や教育課題等数学教育に直結する題材を設定するようにしています。

また,8月末の県教育委員会主催の高等学校教育課程研究協議会(数学)は本部会も共催しています。さらに,8月の本部会主催で外部教育機関との連携による見学研修会も行っています。昨年度は船橋港に係留中の元南極観測船 SHIRASE5002の船内で実施し,今年度は千葉工業大学を会場として行うことになっています。日ごろとは異なった環境で大学教授や研究員等から御教授いただき,幅広い観点から数学を捉える機会として位置づけています。

本部会には,2つの委員会(研究委員会と編集委員会)があります。研究委員会は大学入試センター試験についてのアンケート分析,学習指導,大学入試関係,学習指導要領・教育課程等の研究を行い,その成果を全国大会や関東大会などで発表しています。また,編集委員会は部会誌『αω』を刊行し,本部会の活動や研究成果等をまとめ,県内の全数学科の先生方に配付しています。本部会誌は,昭和39年の創刊以来,今年で第54号になり,長年にわたり数学教育全般の啓発活動に寄与してまいりました。また,これらの活動を数学部会ホームページで,日本だけなく世界の数学教育関係者にも発信しています。

今年3月に高大接続システム改革会議の最終報告が発表されました。その中でこれから身につける学力の3要素として「①十分な知識技能,②を基盤にして答えが一つに定まらない問題に自ら解を見いだしていく思考力・判断力・表現力等の能力,③ ①②の基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を挙げています。それに向けて学校現場として取り組むべき大きな柱は,学習・指導方法の改善と教員の指導力向上及び評価方法が中心となります。教員はアクティブラーニングの視点から授業改善に向けた不断の努力が求められています。本部会も次代に求められる教育をいち早く研究し,先生方の参考になる取り組みを積極的に行ってまいります。このホームページを活用して,広く数学教育関係者と様々な情報を共有することで,より高い内容に充実させていきたいと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

日誌

行事の記録 >> 記事詳細

2015/08/12

平成27年度見学研修会(SHIRASE5002)

Tweet ThisSend to Facebook | by:篠崎健太郎
今年度の見学研修会が,船橋港に係留中の「元南極観測船 SHIRASE5002」で行われました。

SHIRASE5002の外観

01甲板で受付

1 開会・概要説明
部会長挨拶(千葉県立磯辺高等学校校長 齋藤茂先生)
会場担当者挨拶・船内諸注意(一般財団法人WNI気象文化創造センター,第37次日本南極地域観測隊 三枝茂様)
船内にて開閉会式第1甲板研修室(旧観測隊公室)

2 講義「元南極観測船SHIRASEとその数字について」
(一般財団法人WNI気象文化創造センター,第37次日本南極地域観測隊 三枝茂様)
南極観測船「しらせ」として活躍した現役時代と,現役を引退してから現在に至る「SHIRASE5002」としての活用状況についてご説明いただきました。また,しらせにまつわる「数字」に着目したクイズを交えて,しらせと南極観測についてを大変興味深く教えていただきました。さらに,参加者からの質問にも時間を延長して丁寧にお答えいただきました。
しらせなど南極観測船についてしらせにまつわる数字クイズもありました

3 船内施設見学
2班に分かれ,船内各所を見学しました。35度を超える暑い中でしたが,大変興味深いお話をユーモアを交えてご説明いただきました三枝様,本間様,本当にありがとうございました。

広いヘリ甲板

ヘリ格納庫

05甲板からの眺め

ブリッジ 
チャージングのため,3系統の原動力を操作赤い椅子は艦長席
CICのレーダーなど南極周辺の海図
 
氷海での艦橋になる上部操舵所
救命ボート 
乗員寝室激しい揺れに備えて荷物には固定ベルトが
 改装した展示室
南極周辺の模型
 
医務室には歯科ユニットも

理容室では隊員がカット 
厨房では野菜不足のためもやしの栽培も 金曜日の昼食はお決まりのカレーライス

4 質疑応答
質疑応答の時間でしたが,午前中の講義の補足として,その他の砕氷船や北極圏航路についてをスライドも交えて詳しくお話しいただきました。

5 閉会
副部会長挨拶(千葉市立千葉高等学校 三木千恵子先生)

12:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)