千葉県高等学校教育研究会数学部会
ここは千葉県高等学校教育研究会数学部会のサイトです。
 

ログイン

リンクリスト

1件も登録データがありません

カウンタ

あなたは106993人目です。
千葉県高等学校教育研究会数学部会
のWebサイトへようこそ
 

ご挨拶

千葉県高等学校教育研究会数学部会会長   岩﨑 章

 

 平成29年度春季総会におきまして部会長を拝命いたしました岩﨑です。よろしくお願いいたします。
 本部会は昭和25年に発足し今年で68年目を迎えます。この間,多くの諸先輩方が県内の高等学校数学教育の振興のため御尽力されてきました。部会の主な活動としましては,6月の春季総会・研究大会,8月の見学研修会,11月の秋季研究大会があります。研究大会は県内の高等学校を会場として行われています。秋季大会は千葉地区,春季はそれ以外の地区での持ち回りで開催されています。学校を会場とする大きな理由としては,公開授業で他校教員の指導実践や生徒の様子を直接見学することができ,貴重な研修の機会となるからです。今年度は6月の春季総会・研究大会を長生高等学校で開催し、秋季研究大会を千葉西高等学校で開催します。研究大会では,研究発表や講演会を行っていますが,特に講演内容や講師の選定については慎重に役員会で検討をしています。指導法の課題解決や教材開発等日々の指導の参考になるものや,国の動向や教育課題等数学教育に直結する題材を設定するようにしています。
8月の見学研修会は、日ごろとは異なった環境で大学教授や研究員等から御教授いただき,幅広い観点から数学を捉える機会として開催しています。今年度は東邦大学を会場として行うことになっています。また,8月に開催される県教育委員会主催の高等学校教育課程研究協議会(数学)は本部会も共催しています。

 本部会には,2つの委員会(研究委員会と編集委員会)があります。研究委員会は大学入試センター試験についてのアンケート分析,学習指導,大学入試関係,学習指導要領・教育課程等の研究を行い,その成果を全国大会や関東大会などで発表しています。また,編集委員会は部会誌『α-ω』を刊行し,本部会の活動や研究成果等をまとめ,県内の全数学科の先生方に配付しています。本部会誌は,昭和39年の創刊以来,今年で第55号になり,長年にわたり数学教育全般の啓発活動に寄与してまいりました。また,これらの活動を数学部会ホームページで,日本だけなく世界の数学教育関係者にも発信しています。

 平成29年度に改訂,34年度より年次進行で実施される予定の学習指導要領では,新しい時代に必要となる資質・能力の育成として,「何を理解しているか。何ができるか。」という知識・技能,「理解していること・できることをどう使うか。」という思考力・判断力・表現力等,「どのように社会・世界と関わり,よりよい人生を送るか。」とうい学びに向かう力,人間性等を三つの柱としています。そして学習指導要領の方向性として,「何を学ぶか」とともに,主体的・対話的で深い学びの視点からの学習過程の質的改善を図る「どのように学ぶか」という視点,先述の資質・能力の育成を図ることで「何ができるようになるか」という視点が示されています。さらに,平成32年度からは大学入学者選抜改革として「大学入学共通テスト(仮称)」が導入される予定です。このような変化を迎える時代,これからの学校教育を担う教員の資質向上は喫緊の課題と言えそうです。本部会も次代に求められる教育をいち早く研究し,先生方の参考になる取り組みを積極的に行ってまいります。このホームページを活用して,広く数学教育関係者と様々な情報を共有することで,より高い内容に充実させていきたいと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

日誌

行事の記録 >> 記事詳細

2016/08/24

平成28年度見学研修会(千葉工業大学)

Tweet ThisSend to Facebook | by:加藤純一
今年度の見学研修会は,平成2883日(水)に千葉工業大学・津田沼キャンパスにて実施されました。

1 開会
部会長挨拶
千葉県立柏中央高等学校校長 三木 千恵子 先生

会場担当者挨拶・諸注意
千葉工業大学入試広報部長 日下部 聡 様

2 講義
「ディープラーニングと言語学習」
千葉工業大学 人工知能・ソフトフェア技術研センター 主席研究員 竹内 彰一 様

 

 近年注目されている人工知能研究の1つで,コンピューターが物事を理解するための新しい学習方法であるディープラーニングについて説明していただきました。

人間の脳をモデルにしたニューラルネットワークと呼ばれる技術を何層にも重ねた構造を持つことによって,コンピューターはより人間に近い考え方を持つことが可能になりました。

 ディープラーニングを用いると,写真に写っている花の種類まで当てられます。仕組みとしてはコンピューターに1種類の花につき約1000枚の画像を入力し,その花の共通点をコンピューター自らが見つけ出し,その花の特徴を学習するということです。

 また,コンピューターに様々な画像や会話を学習させることによって,子どもが言語を覚えるように,コンピューターが言語を白紙の状態から学習し,コンピューターが画像の内容を文章で表現することができ,また,人間と会話をすることもできます。

 ディープラーニングは,様々な問題を微分可能な関数を用いて,最適化問題,極値を求める問題に帰着させ解くとき,また,確率的なモデルを用いるときに数学を活用するということでした。

 

3 講義
「地球型惑星の熱進化の数値シミュレーション」
千葉工業大学 惑星探査研究センター 上席研究員 千秋 博紀 様

 地球型惑星の熱進化の数値シミュレーションについての説明だけでなく,流星観測カメラ「メテオ」,千秋先生の学生時代の数学に関してのお話などもしていただきました。

 ある現象をモデル化するときに微分方程式を用いるが,解析的に解くことができない場合があり,そのときにはコンピューターを使い,微分方程式を数値的に解く数値シミュレーションが有効です。数値シミュレーションはグラフがかけた時点で満足しがちだがグラフから何を読み取るのかが大切とのことでした。

 惑星での居住可能の条件の1つとして磁場の存在があります。今回の講義は地球型惑星の熱進化の数値シミュレーションを通し,地球型惑星が固有磁場を持つ条件を明らかにするというお話でした。






4 施設見学

「惑星探査研究センター・衝突実験装置や最新ロボット見学など」

千葉工業大学の惑星探査研究センター内にある二段式水素ガス飛翔体加速装置(二段式軽ガス銃)を見学しました。圧縮・加熱した水素ガスを用いて,時速26000kmで弾丸を発射し,対象物に衝突させ,その様子をビデオで撮影することができる装置です。この装置は隕石の衝突などを再現し,地球の成り立ちなどの惑星科学研究に利用されています。実際に,衝突の瞬間を捉えた映像をビデオ視聴させていただきました。

 

    二段式水素ガス飛翔体加速装置    
         衝突の様子 

創立70周年記念に設けられた展示スペース(SPACE 70DREAM)も見学しました。学生の作品や研究成果,千葉工業大学の歴史についての展示がありました。

5 閉会

副部会長挨拶
千葉県立柏高等学校教頭 増田 史朗 先生


 

 

 

 

 


13:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)